寝起き間もない歌練習は禁止!

こんにちは。

ジャズヴォーカリスト、ヴォーカルコーチ、プロデューサーの東かおるです。

今日は、これまでに生徒さん達から相談があったテーマを。

寝起き間もない歌練習、禁止!

 

寝起き間もないのに一生懸命に歌を練習され、

喉が痛くなったり声がしゃがれるケース。

 

朝にレッスンが入っていたり、

ライヴの為に移動があったり、

お仕事前の貴重なお時間だったり。

そんなこんなで朝からガンガンに。

 

イテテ・・・。

お話を聞くだけで、私の喉が反応してしまう。。

ちなみに20数年来歌ってきて

喉の故障もたくさん経験している私が

今は絶対にしないこと、それは

体のウォームアップ抜きに声出ししない!

 

今日はこのことについてお話します。

 

声を司る声帯とその周辺、これらは筋肉です。

 

〜想像してみて下さい〜
ストレッチもせず、全力で100m走をする事を。

 

大袈裟ですが、それと一緒です。

 

起床後身体の感覚、脳を再稼働するには

1時間から2時間は必要といわれます。

”トップアスリートたちは

身体の微妙な感覚を目覚めさせる為

試合がある日は4~5時間前には起床する”

とどこかで聞いたことがありますが

声に関しても身体のコンディションは重要です。

 

随分と前、TVで歌手の和田アキ子さんが

「歌番組のある◯時間前には起きないと、声が出ない。」

その◯の数字は忘れてしまったのですが

結構な時間はあった記憶があります。

そうでないと

声の為のベストコンディションを作れない

という事ではないでしょうか?

 

私の場合は

演奏の日は現地リハーサルの時間から逆算し

1日のスケジュールを組み立てます。

まず始めにあるのは、

起床時ヨガ。

午前中”カーブス(30分エクササイズ)”で筋トレ。

そこからその日の初発声。

が私のベストなルーティーンです★

 

なかなかお仕事があったりすると

タイムキープが難しいと思いますが

今日は少しアドバイスを!

⬇️

寝起きからのお勧め習慣

・寝起き時にあくびしながら「あ〜」と声を出してその声を観察してみる

・白湯を飲み喉を温める

・ストレッチやヨガ(または体を伸ばすだけでもOK)で血行促進

・急に歌うのではなく、ゆったりと発声練習をスタート

・出だしは低音から徐々に高音へ

・本番が早い日が分かっていれば、前もって早起き習慣を心がける

 

朝は健康な人でも

声を出しにくいものです。

 

寝起きは、身体も同時に徐々に目覚めさせていくと

徐々に普段のお声が出てくると思いますよ♫

痛みやしゃがれがないお声の為には

この朝の一手間があると覚えていて下さいね。

 

 

 

 

【東かおるメールマガジン】にご登録いただくと

この様な記事がダイレクトにあなたの元へ届きます。

ご希望の方はこちら

 

最新情報をチェックしよう!