ワンランク上を目指す

こんにちは。

ジャズヴォーカリスト・ヴォーカルコーチの東かおるです。

本日はレッスンブログを。

 

世の中の様々な出来事に翻弄されることって

大人になればなるほど

増えますよね。

 

私の人生は常にそんな感じで

自分の進む道に常に『行き止まり』や『迂回路』がありました。

※ジャズスタンダードにDetour Ahead(迂回路)という曲があります🎤

ジャズピアニストBill Evansの演奏で有名。

貴重な音源を見つけました↓

 

私は人生が行き詰まった時こそ常に

こう自分に言い聞かせてきました。

 

「どうせ大変なんだったら・・」

これまで自分には無理だと思っていた『モノ』

それに敢えて挑戦してみます。

 

ワンランク上を目指す

 

ワンランク上を目指す vol.1

その理由とは、

・現状を打破する為

・現状を上向きにする為

・ポジティブ思考にする為

・明日への生きるエネルギーを生む為

といった、自分自身との向き合い方の為。

とにかく、現状維持をしない!

 

とはいっても、現状を変えるには

リスクが付き物。。。

 

でも、

自分自身ではどうしても前へ進めないんだったら、

渦巻くネガティブ・オーラさえも、

エネルギーに変えてしまう!

 

だって、それもエネルギーだから(笑)。

 

私はこれまでそうやって歌を続け

常にワンランク上を目指し続けてきました。

 

その間、沢山の方々に出会い

勉強させていただき

元いた場所よりも遥か遠くに

自分が居る事に気づきもしました。

そして沢山の気付きがありました。

 

どんな時でも、自分次第。

実は決して平坦な人生ではなかった私が

ここ最近辿り着いた結論です。

 

ワンランク上を目指す vol.2

質問です。

『あなたが思う1番歌ってみたいステージはどこですか?』

『そこであなたが立っている場面を想像してみて下さい。』

※イメージ像

 

「いやいや、私にはムリムリ!」

「そんなの、想像するまでの話です。。。」

という答えでしたか?

 

それとも、

「わぁ、素敵⭐️」

「1度、私も立ってみたいなぁ♫」

という答えでしたか?

 

前者は始めから、自分には有り得ないと諦める。

後者は、自分もそこに立ってみたいと希望がある。

 

あなたはどちらでしたか?

 

歌を歌いたい、好きになる、

ってきっとそこには何かしらの

憧れがあったはず。

私がそうであった様に。

 

デートで行ったジャズクラブ。

そこに素敵なヴォーカリストとピアノトリオ。

「ここで私もいつか歌いたい。」

 

そして毎日イメージして練習を続けていました。

そしたらいつの間にか10数年後には現場に立って歌っている自分がありました。

 

また二十歳そこそこで行ったニューヨーク1人武者修行。

「ここでジャズを学んで歌いたい。」

 

そして毎日英語と音楽の勉強を続けていました。

そしたら5年後には見事NYの大学に入学でき、

学生をしながらライヴ活動をスタートしていました。

 

人生一度っきり。

折角だったら、夢は大きく

憧れを憧れだけで終わらせず

やってみたいものですね⭐️

 

 

私が実際に体感・実践して来た

ワンランク上に確実に近付く方法

をシェアします。

・思い込みを捨てる

・”憧れ”の想像を膨らませる

・”憧れ”の地に実際に行ってみて肌で感じてみる

・”憧れ”の人に実際に会ってみて肌で感じてみる

・”憧れ”に近付くために手探りしてみる

・”憧れ”=”ワンランク上”の距離が近付いている気付きが起こる!

音楽や歌以外でもきっと共通するんじゃないかな?と思います♬

ぜひ、1つでも実践してみて下さいね!

 

ワンランク上を目指す vol.3

vol.1・2 を実践できたらあとは

人と出会うだけ。

意識=アンテナが立っていると

必ず必要な人と出会います。

その時、流れに乗ればいいだけ。

ワンランク上に行けば・・・・その道のプロがベストコンディションを作ってくれる

・自分は自分の事に集中するだけ

・なによりもベストな環境がベストパフォーマンスを導き出してくれる

 

さぁ、あなたも今日からワンランク上を目指して、理想の夢に近づきましょうね!

 

 

 

【東かおるメールマガジン】にご登録いただくと

この様な記事がダイレクトにあなたの元へ届きます。

ご希望の方はこちら

 

最新情報をチェックしよう!