Born Free レポート

Born Free 2022年1月18日

昨年夏以来のあの興奮から半年後。

ベースの甲斐くんがドイツから帰国。

ドラムの清水くんがもうすぐNYへ戻る。

ピアノは牧さんに。

サックスはあの山本くん。

といった強者メンバーでのライブでした。

 

やっぱり、すごい・・・!

宇宙が見えて、一日経った今日、地球へ戻って来た感じ、笑。

ヤバイ、この感じ、ゾクゾクする!!

誰が欠けても実現不可能な音。

大きな視点で音楽を捉えられるメンバーに支えられ、私はもう無我夢中!

10年振りに出して来たあのオリジナルの「シーラカンス」を1stステージ最後に歌い終えたものの、まだ海底付近で音と浮遊していたので現実に戻れず「ふぇ〜〜」ってなっていました、笑。

みんなの音は私をフニャフニャにさせてしまう・・・🤣

これだから、音楽は止められない!

 

この日、小雪の舞う寒い神戸でしたが、遠くからもお越しいただきました。

そして敬愛するクリエイティブ・ジャズシンガーの方々もたくさん来てくれて、本当にうれしかったです。

私のドキドキをシンガーのみんなが一番分かってくれたはず。

みんなで写真を撮り忘れたのが残念でした😭

 

この日、「”外タレ”のライブみたいでした。」

とご感想をいただいたのですが、外タレ!?たいそう気に入りました、笑。

考えてみたら、メンバー全員が欧米でジャズを学んだり演奏活動していたので、まんざらでも無いかも。

もうどこに居ようが「この瞬間=moment」を自分の音で演奏しているミュージシャンだもんね。

なんで、国や人種は一切関係ないです。

私も常にそんな気持ちで歌っているし、今後もそうでありたい。

だから人と比べられようが、知ったこっちゃない。

 

話は外れたけど、甲斐&東の双方リーダーライブ、やっぱりスペシャルになりました!

 

次回はドラムの清水くんが一時帰国した時かな?

首を長くして待っておきます。

 

お越しの皆さん、Born Freeさん、ミュージシャンのみんな、どうも有難うございました!

 

撮影会?でみんなどこを向いたら良いか分からない微妙さがまたいいw

Aさん、ありがとうございます。

Tさんのも拝借。ありがとうございました。

 

メンバー

東かおる vocal
山本昌広 sax
牧知恵子 piano
甲斐正樹 bass
清水勇博 drum

セットリスト

1st

  1. Palhaço (Egberto Gismonti)
  2. Close To You
  3. What A Little Moonlight Can Do?
  4. Prelude To A Kiss
  5. シーラカンス (東かおる)

2nd

  1. Butterfly (Herbie Hancock)
  2. Night And Day
  3. Norwegian Wood
  4. Sky Blue (東かおる, Jesse Forest)
  5. Aquelas Coisas Todas (Toninho Horta)EC. Ribbon In The Sky

 

 

 

Live Schedule

次回おすすめ

東かおるの最新ライブスケジュール
↓ click


Kaoru Azuma Vocal Lessons

本格的な音楽教育からCD録音制作ディレクションまで『歌であなたのライフステージをプロデュース』

その道のスペシャリストを招いた講座クラスや、ボイストレーニングにアレクサンダーテクニークを取り入れたレッスンなどを行っております。
↓ click

 


Mail Magazine

講座・レッスン最新情報はメルマガにてお伝えしております。
ご興味のある方は、ぜひご登録下さいませ。

〜歌で人生を豊かに〜 ジャズシンガー東かおる 公式メルマガ
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

River East Productions 

東かおるプロデュースCD録音制作にご興味のある方に、3日間のメールで詳細をお伝えしております。

※現在の第2期は定員に達しました。第3期募集をメールにてお知らせ致しますので、ご希望の方はメールのご登録をお願いいたします。

↓ click

最新情報をチェックしよう!