Footprints In New York

東かおる Kaoru Azuma, vocals
Scott Reeves, alto Flugelhorn & Tb
Mike Holober, piano
Jesse Forest, guitar
Robinson Morse, bass
Paolo Orlandi, drums

2008
River East Music(REM 1002 in Japan)

アメリカ国外でも活躍するミュージシャンと録音の、発売当時日本ではまだ珍しいとされるインスト曲ばかりを集めたコンセプトアルバム。自身も英語と日本語で歌詞を書き下ろし、アレンジを加えるなどの意欲作としてニューヨークのJazz Improv Magazineにもその個性を取り上げられた。コンテンポラリー・ジャズシンガーとしての新たな道を開拓する話題作として、現在もなおロングセラー中。

1.High Wire (Chick Corea/ Tony Cohan)
2.Confirmation (Charlie Parker/ Sketier Spight Leroy Mitchel)
3.Hana & A Flower Is A Lovesome Thing (Shokichi Kina)&(Billy Strayhorn)
4.Another Yes or No (aka Yes or No) (Wayne Shorter/ Kaoru Azuma)
5.Jungle City New York (aka Bemsha Swing) (Thelonias Monk/ Kaoru Azuma)
6.Footprints (Wayne Shorter)
7.Now’s The Time Giant Steps (aka Giant Steps) (John Coltrane/ Kaoru Azuma)
8.Without A Trace (Scott Reeves)
9.Along Came Memory (aka Along Came Betty) (Benny Golson/ Kaoru Azuma)
10.Turn Out The Stars (Bill Evans/ Gene Lees)


「まず、アルバムコンセプトと演奏内容において、よく練られた絶妙なバランスが表現され、その努力の成果を評価したい。ごく一般的な女性ボーカリストに馴染みのある大半のリスナーにとって、Kaoru Azumaは一味違ったシンガーだ。それだけいっそう、先入観を持たず、この声を聴いて欲しい。」

~アメリカ:Jazz Improv Magazine(2008年6月号)~


1曲目数分もしないうちにMARLENE VER PLANCKの『A BREATH OF FRESH AIR』とCYBILL SHEPHERDの『MAD ABOUT THE BOY』を何故か連想した。曲は勿論違う。マレーン盤はMr.Luckyだしシビル盤はtristeだ。楽器編成も違う。なんでかな、と考えたらそのフレッシュなイキイキ感、キトキト感(富山の方言で新鮮な様子をさす)を彼女のどこかに感じたのかもしれない。
というか彼女のことは全然知らないわけだけど、歌というか音楽というかジャズに対するスタンス。それが聴き進むうちに分ってきた。
おやおや、選曲が渋いのではないか。ボクが一番感じた渋セレクションは、ALONG COME BETTYでベニー・ゴルソンの曲、ご存知ブレイキーの『モーニン』の中の佳曲。
普通は、この曲選んで歌詞つけちゃうとは思わない。しかも初作品で。このセンスを買いたいね。なんか「秋」を感じちゃいますね。
で、またまた発見なんだけど、アルト・フリューゲルという楽器、トロンボーンみたいな音でるようだけど。この楽器の使い方がうまくて随所で感じ入ってしまう。いいねぇ。ショーターのYES OR NOとFOOTPRINTSそれからモンクのBEMSHA SWING、コルトレーンのGIANT STEPS、エバンスのTURN OUT THE STARSなどで巧みな自己表現を展開。そういうものたちが、ある意味かなり新鮮なのだ。
時に英語、日本語での表現。50年前のひばり、チエミとは違う、モダンなものがある。
ニューヨーク録音ということで、演奏陣営のカラッとした音音が一層と彼女を盛りたてている。
心地よい一枚だと思う。

~日本:山本隆 ディスクユニオン (2008年9月)~


Footprints in New York” by Kaoru Azuma is a fantastic modern jazz album brought to life by a talented jazz vocalist. Kaoru, though born in Osaka, Japan, has honed her craft as an American singer and will leave you feeling musically satisfied and pleasantly soothed. She has certainly made her way around the New York jazz scene and her experience and poise shines through on her smooth, graceful vocal performances. The musicians behind her are certainly no slouches either. The performances are solid and the arrangements are creative, lively, well-layered, and compliment the vocals well. The album is well-produced, reflecting a perfect balance of instrumentation and vocals, and illuminates a sound that is very crisp and smooth. “High Wire” opens things up with a haunting vocal intro and evolves into an upbeat performance, both in the arrangement and in the vocal performance. “Footprints” invokes images of a smoky, low-lit room and features a great tandem between Kaoru’s voice and the saxophone. This track is fantastically heavy on the mood. “Turn Out The Stars” wraps things up with nice piano progressions that gives the hint of closure and an intimate vocal performance from Kaoru. This album will leave any lover of crafty and soul-filled modern jazz wanting more.

~アメリカ:William & the RadioIndy.com (2008年9月)~